Keisuke's Journal

元映画館店員で写真好きの雑記ブログ。

スポンサーリンク

本を読まない人ほどKindleがおすすめな理由。

f:id:bingo-bingo-666:20180704173039j:plain

どうも、keisukeです。

今回は、Kindleについての記事です。

 

みなさん、本は読みますか?

ぼくは、正直最近まで全く読みませんでした。

雑誌読んだり、人のブログを読むのは好きなんですけど、小説だったり自己啓発本を買って読むのは本当に気になったものだけ。

分厚い本を開いて、「よし!読むぞ!」と気合いを入れなければ読むことができません。

そんな、ぼくみたいな人って結構いると思うんですね。

っというかぼくの周りはそういう人ばかりなのでかなりいるんじゃないかと思います。

そんな方に、おすすめなのがAmazonのKindleです!

Kindleとは?

f:id:bingo-bingo-666:20180530234640j:plain

そもそもKindleってなに?という方に。

Kindleとは、簡単に言えばAmazonが提供している電子書籍関連のサービスです。

アマゾンはKindleのアプリも提供しており、Kindle版の書籍を購入するとKindleアプリが入っているスマホやタブレット端末で電子書籍が読めます。

Kindleの専用端末もあります。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

自分が所有している、スマホやタブレットそれぞれにKindleのアプリをインストールしアカウントを認証させておけば、どの端末からでも自分の購入した電子書籍を読むことができます。超便利!

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

play.google.com

アプリを再起動しても、読み途中の画面から開くのでストレスがありません。

なぜ、本を読まない人ほどKindleがおすすめなのか?

本を持ち運ばなくて済む

まず、本をかばんに忍ばせておくのって結構面倒ですよね。

本を読まない人からすると、本を持ち運ぶことがすでにストレスなんですよね。

ですが、Kindleだったらスマホがあればいつでも読みたい本にアクセスできるのでその煩わしさがありません。

気合いをいれなくて良い

本を目の当たりにするとめちゃ気合いをいれますよね。

分厚い小説だとなおさらです。

本を開くたびに、「まだ1/3しか読んでないわ…」みたいな気持ちが重くなるんですよね。

ですが、Kindleだとモノがそもそもないので、本を開く前の自分との闘いがないんですよね。

気合いをいれることなく、サッとスマホを取り出してスキマ時間に読書ができます。

本が手元にないことで読書が捗る。

言葉にしてみると矛盾した状況な訳ですが、この状況・環境が本を読まない人には必要なんですね。

少なくとも、ぼくはその環境がストレスなく読書ができる環境です。

まとめ

今はすごい時代です。

本が手元になくても読書ができるんですから。

本を目の当たりにしてストレスを感じてしまう方には超絶おすすめな読書方法だと思います。

なぜ、本が億劫になってしまうのか。

ぼくにとって、その原因は本そのものだったんですね。

それに気づいたのがKindleを使い始めてから。

なので、ぼくと同じく本を読むのが苦手な方にも是非試してみてほしいと思います。

スマホでブログを読む感覚、ヤフーのトップニュースを眺める感覚で本が読めるので、相当気持ち的に楽になれます。

本が手元にないなんてなんか味気ないと思う方もいるかもしれませんが、本は買って満足していたらお金を溝に捨てているようなものです。

モノは試しです。是非、Kindleを使ってみてください。

っということで、今回はKindleの記事でした。

では、また。