Keisuke's Journal

オタクだけど、ファッションも好き。そんなぼく独自の目線でネタ・情報をお届けするブログ。

初心者ブロガー必読、イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」

この記事をシェアする

f:id:bingo-bingo-666:20180704172246j:plain

どうも、keisukeです。

今回は、イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」を読んでみての感想を書きたいと思います。

 

ブログを書きだした頃、いろんなブログを読んで勉強していたのですが、色んな方が「ブログをやるならこの本は読んでおくべき!」と紹介していた本がありました。

それがイケダハヤトさんの「武器としての書く技術」です。

この本をさらっと、一周読んでみての感想ですが「ブログを書くモチベーションを上げてくれる本」だなと読み終わった思いました。

本のタイトルは堅苦しいけど、実際はそんなことない

「書く技術」と題していますが、小難しい話はほとんどありません。

  • ブログを読んでもらうための文章の組み立て方
  • 読み手にとってタメになる記事の書き方
  • ブログにアクセスしてもらうためのタイトルの付け方

など、ブログにおいての「書く技術」をわかりやすく解説されています。

ブログをこれから始める初心者の方には是非読んでほしい内容です。

読んで、すぐ実践できる内容ですよ!

ブログを書く勇気をくれる!

「こんなおれでもブログ書いていいんだ!自身持っていいんだ!」と感じさせてくれる内容にもなっています。

ぼくが一番心に響いたのが、素人の意見にはそれだけで多くの人にとって価値になる。という言葉。

この言葉から書く勇気、情報発信する勇気をもらいました。

専門的な知識がないと読んでもらえる記事は書けないと思っていましたが、実はそんなことはなくて、初心者や専門的知識がない人たちに向けて書いた記事はとても需要があるということに気づかされました。

また、玄人にはない視点を素人はもっているという点でも素人の意見には価値があるんじゃないかなと思います。

みなさんもどんどん、自分の視点や感性に自信を持って発信していきましょう。

ブログ運営記事を漁る前にまずこの本を読むべき!

ブログ運営報告だったりブログ運営ノウハウの記事を漁る前に、まず、この「武器としての書く技術」を読むことをおすすめします。

ブログの書き方からブログ運営の心構えを一通り網羅している内容で、しかもあのイケダハヤトさんの実体験から来ている内容なので、ひとつひとつの言葉に説得力があります。

ぼくも何かブログ運営で迷うことがあったら、ググる前にまずこの本を読み返すようにしています。

すると問題解決するとこともよくありますし、なにより書くモチベーションが上がります。

まとめ

イケダハヤトさんと言えば「炎上」という言葉が思いつくくらい、自身の意見をストレートに表現する方で有名です。

ですが、何も残らない記事も何かしら読んだ人の心を動かす記事を書くことが重要だとこの本でも語っています。

頭一つ抜け出るブロガーになるには、これくらいの自己表現が必要だということでしょう。

その点についてもこの「武器としての書く技術」で解説されています。

また、少しトゲのある文章を書かれる印象があったのですが、この本で書かれている文章にいたってはそんなことはありません。

まじめに、そして自身のブログ運営ノウハウを出し惜しみなく披露されています。

ブログ初心者の方に是非おすすめしたい本です!

っということで、イケハヤさんの「武器としての書く技術」の書評記事でした。

では、また。