Keisuke's Journal

普段の生活の質がちょっと良くなる、ちょっと楽しくなる、そんな情報を発信しています。

西野ジャパン惜敗!日本対ベルギーマッチレポート!

f:id:bingo-bingo-666:20180705054909j:plain

ベルギー戦、惜しかったですね。

本当に惜しかったです!!

 

 

決勝トーナメント一回戦、日本対ベルギー。

 

日本2-3ベルギー

 

と惜しくも西野ジャパンは敗れました。

 

後半に入って立て続けに日本が2点入れてから

 

まさか勝つんじゃないのこれ?っていう雰囲気がありました。

 

日本全体そんな空気があったかと思います。

 

ですが、そこから3失点し日本は敗れてしまいましたが、

 

なぜこのような結果になってしまったのか、完全主観的視点で分析します。

 

日本は後半に立て続けに得点!

原口が先制点を決める。

後半48分に自陣からカウンターを開始。

柴崎のスルーパスが原口に通り、ペナルティエリア内の角度があまりないところから

思い切り右足を振りぬいてゴール!

 

日本がベルギー相手に先制します。

 

このゴールのアシストを決めた柴崎のスルーパスはとても美しかったです。

相手DFのフェルトンゲンに少しあたっていますが、それでも絶妙なスルーパスでした。

 

そして右サイドの原口元気のシュートですが、

角度的に決めるのは難しいかなと思ったんですが、ゴール左隅に決まりました。

しっかりコントロールされ、スピードもあったシュートは

ベルギーの守護神クルトワも防ぐことができませんでした。

 

乾が追加点。

後半52分に、香川からのパスを受け取った乾貴士はペナルティエリア手前から

無回転のミドルシュートを放ちゴール右隅に突き刺さります。

 

乾は今大会2得点目で、調子の良さを伺わせます。

ボールをもつと何かしてくれる雰囲気がでますね。

 

無回転の強いシュートは名手クルトワも防げませんでした。

 

あのクルトワから2点を奪った日本。

 

めちゃめちゃ上がりますよ!わら

 

あの男が入ってから流れが変わる

後半からフェライニを投入するベルギー

後半65分にメルテンスに変わってフェライニが入ります。

ここから、流れが少しずつベルギーに傾きます。

 

フェライニが入ることで長身の選手が一人増えて、

日本サイドはフェライニに誰が付くのか整理できないままプレーをする時間が

ありました。

そこから守備の連携に不安を感じるようになり、相手が攻め込む時間が増え始めました。

 

フェライニが入ることにより、アザールが自由に

フェライニが入るまでは、エデン・アザールがボールを持つと

日本は2人で当たりにいきアザールにドリブル突破をさせないようにしていました。

 

ですが、フェライニが入ってからはマークをつかなければいけない選手が増え、

アザールへの守備はひとりで対応するようになりました。

 

結果、アザールは縦横無尽にピッチを動き、ドリブルでチャンスを作られてしまう

機会が増えてしまいました。

 

不運なゴールで一気に流れがベルギーへ

フェルトンゲンのヘディングシュートで決められる

後半69分ベルギーのコーナーキックを乾が大きくクリアしますが、

高く蹴り上げられただけのボールはペナルティエリア内の左サイドへ。

落下点にいたフェルトンゲンはそれをヘディングシュート。

山なりに綺麗な弧を描いたヘディングシュートはゴール右上隅へ吸い込まれ

ゴール。

 

川島のポジションも悪く反応できずフェルトンゲンのシュートは防ぐことが

できませんでした。

 

途中出場のフェライニが同点ゴール。

後半74分、左サイドにいたエデン・アザールの絶妙なクロスが

ピンポイントにフェライニへ。

フェライニがしっかりと頭で合わせて同点ゴールを上げます。

 

フェライニの周りには長谷部、昌子、長谷部がいましたがその3人よりも

高く飛び力強いヘディングシュートを決められました。

 

このシーンでは完全にフェライニ1人にやられた感じがしますね。

 

クロスを上げたエデン・アザールについていたのが大迫1人で、

余裕をもってコントロールしたクロスを上げられてしまいました。

 

このクロスを上げられたところで勝負がついていたといっても過言じゃないでしょう。

 

途中出場のシャドリに逆転ゴールを許す

後半ロスタイム終了間際、日本のコーナーキックをクルトワがキャッチし、

ベルギーのカウンターが始まります。

 

デ・ブライネがトップスピードでドリブルし日本自陣内へ。

その時点で、ベルギーの選手は5人、日本の選手は3人で

ベルギーは数的優位に。

 

デ・ブライネが右サイドのムニエに渡し、ムニエは低い弾道のクロスを上げます。

そのクロスをニアサイドにいたルカクがスルーし、ファーサイドに走りこんだ

シャドリがゴールを決めました。

 

シャドリがゴールを決めたところで試合終了。

 

最後の最後で、あざやかなカウンターから逆転ゴールを決められ

日本は初のベスト8への道は閉ざされてしまいました。

 

日本、最後のコーナーキックに疑問

ぼく個人的な意見として、ベルギー逆転ゴールに繋がる、

日本の最後のコーナーキックは素人目に見ても疑問が残るプレーでした。

 

確かに、最後のワンプレーで逆転できるチャンスとはいえ

あのコーナーキックでは逆に相手にカウンターを与えてしまうのは明らか。

 

高さの面でもベルギーの方が部があるわけですから、あそこは延長戦を考えた

プレーでも良かったような気がします。

 

このワンプレーも日本がベルギーに敗北した大きな原因のひとつだと思います。

 

西野ジャパンはよくやった!

ロシアワールドカップの総評ですが、日本ジャパンは下馬評を覆し、

ロシアワールドカップベスト16という結果に終わりました。

 

とてもワクワクした2週間でしたし、

ベテラン勢が多かったとはいえ日本のサッカーは世界に通用することを示せた大会

だったかと思います。

 

特に、ベルギー戦は世界に大きな衝撃を与えた一戦だったと思います。

 

4年後はもっと強くなった日本代表を世界に見せたいですし、

 

そのために我々サポーターも全力で応援していきましょう!

 

では、また。