Keisuke's Journal

オタクだけど、ファッションも好き。そんなぼく独自の目線でネタ・情報をお届けするブログ。

日本代表、武藤嘉紀が移籍したニューカッスルとはどんなチームなのか

この記事をシェアする

f:id:bingo-bingo-666:20180804224656j:plain

どうも、keisukeです。

日本代表のFW武藤嘉紀がイングランドプレミアリーグのニューカッスルへ移籍しました。

吉田麻也、岡崎慎司に続いて日本代表FWの武藤嘉紀がイングランドプレミアリーグのクラブへと移籍が決定しました!

そのクラブは「ニューカッスル・ユナイテッドFC」。

とても歴史のある古豪クラブで、数多くの代表レベルの選手が所属しています。

今回は、そんなニューカッスルについて詳しく調べてみました。

ニューカッスルとは?

ニューカッスル・ユナイテッドFC

ニューカッスル、正式名称は「ニューカッスル・ユナイテッドFC」。

イングランドのタインアンドウィア州ニューカッスル・アポン・タインがホームタウンで、通称はニューカッスル。

ホームスタジアムは、「セント・ジェームズ・パーク」。

数多くの代表選手が所属

ニューカッスルは多くのトップレベルの選手を獲得してきました。

  • 2005-06:マイケル・オーウェン
  • 2011-12:デンバ・バ、ヨアン・キャバイェ、ダヴィデ・サントン
  • 2012-13:マテュー・ドゥビュシー、ムサ・シソコ
  • 2014-15:シーム・デ・ヨング
  • 2015-16:ジョルジニオ・ワイナルドゥム、フロリアン・トヴァン、アンドロス・タウンゼント

あのマイケル・オーウェンが所属していたクラブでもあるんです。

他の選手の名前を見ても、レベルの高いクラブだということがわかりますね。

2015-16シーズンに2部へ降格するが1年でプレミア復帰。

プレミアリーグ2015-16シーズンは19位でシーズンを終え、2部のFLチャンピオンシップへ降格をしてしまいます。

2部降格に伴い、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、アンドロス・タウンゼント等の主力選手が退団しましたが、FLチャンピオンシップ2016-17シーズンで優勝し、1年でプレミアリーグへ復帰しました。

監督はあのベニテス!

2015-16シーズンから現在までラファエル・ベニテスが指揮を執るニューカッスル。

ラファエル・ベニテスは数多くのビッグクラブで指揮を執ってきました。

リヴァプール、インテル・ミラノ、チェルシー、ナポリ、レアルマドリードと指揮を執ってきました。

ベニテスは、2015-16シーズンの途中からニューカッスルの監督に就任しますが、チームを立て直すことができず2部へ降格してしまいます。

ですが、翌シーズンのFLチャンピオンシップ2016-17シーズンで優勝し、1年でチームを1部へ復帰させます。

まとめ

ざっくりとニューカッスルの歴史と現在のチーム状況を解説してきました。

歴史ある古豪クラブで、しかもベニテス監督の下でプレーができる武藤は、日本代表の中でもかなり恵まれた環境であるといえるでしょう。

もしかしたら、このチームで化ける可能性もあるでしょう。

武藤選手にはチームから、ベニテスからいろんなことを吸収して、4年後のワールドカップでさらに成長した姿をみせてほしいなと思います。