Keisuke's Journal

映画好きのブログメディア。

洋服をネット通販で購入する際に失敗しない方法。

f:id:bingo-bingo-666:20180906223926j:plain

みなさん、ネットで洋服買いますか?

ぼくは10年前くらいからZOZOにお世話になってます。

 

10年もネットで買い物をしていると失敗もします。

しかも結構でかい買物で(笑)

特に洋服をネット通販で買うときは要注意で、ぼくも何度も痛い目を見ている。

そこで、ネット通販で洋服を買う前にするべきことをご紹介します。

自分の持っている洋服を採寸する

自分の持っている洋服を採寸することを強くおすすめする。

なぜかというと、自分の普段着ているTシャツが「M」サイズとして、通販で購入した「M」サイズのTシャツが同サイズとは限らないからだ。

どういうことかというと、ブランドによっては洋服のサイジングがタイトな場合があったり、逆に大きめに作られていることがあったりするからだ。

普段、Aブランドの「M」サイズを着ているからといって、Bブランドの「M」サイズを買うというのは失敗する確率がかなり高い。

採寸の仕方

洋服の採寸方法だが、これは非常に簡単。3分あれば終わります。

採寸方法はネットショップによって異なるので、お使いのネットショップで確認してほしいのだが、例えばZOZOTOWNを例にすると、サイズ詳細の一番下に「サイズガイド」という項目がある。

f:id:bingo-bingo-666:20180906220820j:plain

「サイズガイド」を選択すると以下のような画面が表示される。

画面の説明通りに採寸をして、自分の普段着ている服と購入したい商品のサイズを比較して適したサイズを購入しよう。

「普段は「M」サイズ着ているけど、このブランドは「L」サイズが適しているかな」と判断ができるようになる。

f:id:bingo-bingo-666:20180906221213j:plain

上記はトップスの画面だが、ボトムスになると以下のような画面になる。

f:id:bingo-bingo-666:20180906221256j:plain

ボトムスは結構測る場所が多い。

神経質に採寸する必要はない

ミリ単位で神経質に採寸する必要はないので、パパっとやってしまっておう。

普段良く着るブランドを予め採寸しておいて、それをメモしておけばそれ以降は採寸する必要もないと思うので、面倒かもしれないが是非採寸をして自分の適したサイズを把握しておこう。

最悪失敗しても返品・交換可能

最悪、届いた商品のサイズが合わなかったとしても、大半のネットショップは返品・交換を受け付けているので臆せず返品交換を申し込もう。

届いた商品を試着する際は、必ずタグを取らずに試着しよう。タグを取ってしまうと返品交換をしてもらえない場合がある。

ちなみに、全ての商品が返品・交換の対応をしてもらえるわけではないので注意してもらいたい。

セール商品、受注販売商品、キッズ・ベビー服は返品・交換の対象外であることが多いので、ご利用のネットショップで確認しておこう。

終わりに

ネット通販で洋服のサイズが合わなくて失敗したという経験は誰もがすると思う。

しかも、セール商品で返品もできないとなるとかなりショックは大きい。

だが、採寸というひと手間を加えるだけでそのリスクもかなり減るので是非やってみてほしい。