Keisuke's Journal

映画好きのブログメディア。

日本代表、ウルグアイに歴史的勝利!南野拓実が3戦連発弾!

f:id:bingo-bingo-666:20180725174345j:plain

昨日(2018年10月16日)、日本対ウルグアイの試合が行われました。

強豪ウルグアイ(世界ランキング5位)相手に4-3で日本が勝利しました。

ハイライト動画

本気のウルグアイに勝てたことが大きい

ウルグアイは先日、韓国とも親善試合をし2-1で韓国に敗戦。

時差ボケの影響がありコンディションが完全ではなかった韓国戦でしたが、徐々に時差ボケも解消されコンディションも整ってきたなかでの日本戦。

スアレスが招集されていないこと以外はベストメンバーで、しかもアジアの国に2連敗は彼らのプライドも許さないことから本気でくることが予想されていました。

そのウルグアイに3失点したものの得点力で上回り勝利した日本。めちゃめちゃテンションが上がるゲームでした。

南野拓実が3試合連続ゴール

南野選手がこの代表初の1試合2得点を達成しました。やはりこの男は別格ですね。

1点目のシーンですが、ファーストタッチで相手をかわし素早いターンでゴール前に迫りました。ターンしてすぐにシュートを打たずにシュートコースをしっかり確認しファーサイドに打ち抜きました。さすがのシュートセンスです。

2得点目は堂安選手が打った強烈なミドルシュートを相手GKが弾き、そのこぼれ球に詰めていた南野が落ち着いて押し込みました。最初の得点後からは消えている時間も多かった南野ですが、しっかりと得点を重ねてきました。試合で消えていても、しっかりゴールを決めることができればFWとして文句なしです。

大迫勇也は半端ない股抜き弾

大迫選手は中島選手が打ったシュートのこぼれ球を、キーパーの股を抜いて押し込みました。

大迫選手は絶好の得点シーンが2回ほどありましたが決めきれず、この得点で大迫本人も安心したのではないでしょうか。

大迫選手はこの試合本当にポストプレーが効いていました。ボール盗られないんですよ、本当に(笑)味方選手も大迫を信頼しているのがよくわかりました。早いパスも難なくトラップし、自分のフィジカルを上回るウルグアイDFを背負いながら、次のプレーへと移っていました。海外経験も活きているとは思いますが、このプレーは大迫選手最大のストロングポイントですね。

GK東口順昭がビッグセーブ連発

GK東口はこの試合ビッグセーブ連発でした。Jリーグを見ないのでどんな選手かよくわかっていなかったのですが、セービングが上手い選手ということで試合中紹介されていました。そして、確かに高いセービング能力があるなと感じました。特にウルグアイの最初のCKでゴディンがドンピシャで合わせたヘディングに超絶な反応。カバーニも東口に思わず「ナイスセーブ」と言ったほどです(笑)

GK東口はこの試合で正GK争いで一歩抜き出たのではないかと思います。

しかし、3失点はいただけない

点の入れ合いは観ている側は面白いのですが、正直3失点はいただけません。特に、DF三浦弦太の不用意なバックパスでカバーニに決められたシーンは防げたミスです。

また、コーナーキック時の守備はもっと対策を考えたいですね。これは、日本代表の永遠の課題かもしれません。

日本代表の未来は明るいかもしれない!

中島翔也、南野拓実、堂安律、遠藤航など将来有望な若手がA代表で頭角を表してきました。彼らと、ロシアワールドカップメンバー勢が融合して良い化学反応が起これば強い更に強い日本代表ができあがるんじゃないかと思います。もう次のワールドカップが待ち遠しいですね。